育児や仕事で忙しい毎日。そんなお疲れ気味の時にヘルペスができてしまうことって多いですよね。

 

独身時代なら気分が滅入るだけですが、赤ちゃんができてなおかつ赤ちゃんにうつしてしまうとどうすれば良いかわかなくて焦ってしまうと思います。

 

ここでは

 

・赤ちゃんとヘルペスの関係

 

・ヘルペスがうつってしまった場合の原因やどのような症状がでてしまうのか

 

・ヘルペスをうつさないための接し方

 

・ヘルペスをうつさないため、繰り返させないための対処方法

 

などについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんは何歳ぐらいからヘルペスはうつる?

 

赤ちゃんのヘルペスは新生児~生後1ヶ月頃でもうつります。

 

特に免疫力が低いので、お母さんがヘルペスができてしまった場合は、1歳未満までは特にできやすいです。

 

誰の身体にもヘルペス菌はもっているので、ヘルペス持ちのご家族や身内がいてできてしまうとヘルペスはうつる可能性が高くなります。

 

どんなことをするとヘルペスが赤ちゃんにうつる?

家族に誰かがヘルペスを持っているとうつる可能性が高くなります。

 

赤ちゃんにうつしてしまう原因としては、

 

・ヘルペスができた状態での子供との箸の共有

 

・ヘルペスができた状態でのタオルの共有

 

・ヘルペスができた状態での箸を使いあーんなど食べさせる行為

 

・キスや頬ずりをする

 

・身内からうつる場合もある

 

ヘルペスは感染力が強いので、赤ちゃんが誤ってヘルペスができている部分を触ったりするとうつる可能性が高いです。

 

中には親がヘルペスができていいてもうつらない子もいるのですが、この辺りはご家庭や赤ちゃんの体質など個人差があります。

 

赤ちゃんのヘルペスはどこの部分にできてどのような症状が起きる?

 

赤ちゃんのヘルペスは口周りの口唇部分に白いブツブツや赤みのある水泡ができます。

 

口唇が主ですが、首、胸、お尻、手足など肌の柔らかい部分にできる場合もあります。

 

また赤ちゃんの場合のヘルペスは、肌荒れや湿疹やアトピーなど傷ついている部分に接触してしまうと映ってしまう可能性があり広がる場合もあります。

 

赤ちゃんのヘルペスの症状は悪化する?

 

1歳未満はヘルペスの初感染は重症しやすい赤ちゃんもいます。

 

特に新生児~1歳未満は特に悪化しやすい場合もあります。

 

全身にヘルペスの水泡が広がることで、発熱、下痢なの症状がでる赤ちゃんもいます。

 

ヘルペスが治った後でもは赤ちゃんが風邪を引いたり、熱が出たりする場合はヘルペスができやすくなります。

 

口唇ヘルペスと帯状疱疹の違い

 

もしかしたらヘルペスでなく『帯状疱疹』かもと思わるかもしれません。

 

帯状疱疹は水疱瘡(みずぼうそう)にかかった人がなるので、赤ちゃんでも1歳未満だと水ぼうそうにかかっている子も少ないのでヘルペスの可能性が高いです。

 

もし1歳以上で水ぼうそうになったことがあり、風邪を引いたりしたなどブツブツが痛い場合は帯状疱疹の可能性もあります。

 

赤ちゃんにヘルペスができてしまった場合はどうする?

 

ヘルペスのブツブツができてしまったことに気が付いたら、すぐに小児科などに行き飲み薬、塗り薬を貰うようにしてください。

 

ヘルペスか帯状疱疹かわからない場合、帯状疱疹の方が悪化すると重症になる可能性もあるので病院に行くようにしましょう。

 

またヘルペスは未感染の子供にもうつるので、もし保育園などにいっていたらお休みした方が良いです。

 

赤ちゃんに口唇ヘルペスになった時の接し方・対処方法

赤ちゃんにヘルペスができているということは、ヘルペス部分にウイルスがたくさんある状態なので、つらいですができるだけ赤ちゃんに患部を触れないようにさせる育児をすることが大切になってきます。

 

ここでは接し方や対処方法についてご紹介します。

 

口唇ヘルペスの場合マスクをする

だっこしたときにうっかり唇部分にさわって感染させないように、ヘルペスができてる間はマスクをしましょう。

 

口唇ヘルペスの場合は赤ちゃんに触れるときは手洗いをする

 

自分自身もどこでヘルペス患部をさわっているかわからないので、赤ちゃんに触れる際は手を洗い気を付けるようにしましょう。

 

箸やスプーン・フォーク・タオルなどは同じものを使わない

 

ヘルペスでも感染しやすい原因に含まれるので、食事の際のお箸や、顔を洗ったときなどのタオルは別々にするようにしましょう。

 

口唇ヘルペスの時はキスや頬ずりはしない

キスや頬ずりをすると高確率でうつりやすくなるので、ヘルペスがお母さんができている場合は我慢しましょう。

 

またお父さんのヒゲが頬を擦って傷口ができてしまうとそこからもうつりやすくなります。

 

特に赤ちゃん以外の兄弟姉妹がいる場合は、できるだけ触らないように教えておきましょう。

 

他の身内や親戚が鳴っている場合は、申し訳ないけれど抱っこなどを控えるようにしてみてください。

 

傷口には触れない

 

赤ちゃんが転んですりむいたり、かきすぎて傷ができてしまった場合、ひっかき傷などができてる場合、傷口からヘルペスがうつる場合があるので傷口にはさわらないようにしましょう。

 

ヘルペスができてる人が皮膚科に行く

どうしても心配な方はお母さんなどヘルペスができている人が皮膚科などの病院に行って、ヘルペスの飲み薬と塗り薬をもらい治しましょう。

 

飲み薬を飲めば2日で治るので、もし赤ちゃんを誰かに見てもらえるならば皮膚科に行ってみてもらう方が手っ取り早いです。

 

大人のヘルペスは自然治癒でも治りますが、軟膏を塗るだけでは2週間ほどかかります。

 

ではドラックストアで薬をかえばいいじゃないと思いますが、飲み薬は皮膚科などの病院でしか処方してもら目ません。

 

塗り薬は売っていますが、初めて自分自身がヘルペスになったときに気を付けることがあります。

 

それは、ドラックストアではヘルペスは塗り薬しか売っておらず、初めてヘルペスになった場合は法律上売ってもらえません。飲み薬は病院のみです。

 

また授乳中であれば飲み薬を飲んでいる間は避けた方が良いなどあるので、医師の処方に従いましょう。

 

ヘルペスをうつさない・繰り返しできないようにする予防策

繰り返しできてしまうヘルペスをできるだけうつさないためには、初期症状にならないこと。

 

そのための予防方法としては、

 

免疫力が低下しないようにする

ヘルペスは疲れたり体調不良など免疫力低下の時にヘルペスができやすいです。

 

そんな時はヘルペスや免疫力向上させる食べ物を食べて、活力アップを目指しましょう。

 

ヘルペス予防になる食べ物はこちら

 

忙しくてなかなか口唇ヘルペスの予防できない場合

忙しい赤ちゃんの育児の合間では食生活や寝不足などもありやはり体調にすぐれず、生理があったり、ストレスがかかったりと免疫力が低下しがちで、そんな時に唇がピリピリしたりムズムズしてヘルペスができやすいですよね。

 

ですが体に活力があって健康な体が維持できることが予防になります。

 

一番手頃にできるのが栄養を付けることなのですが、食べ物を食べてもなかなか良くならない、逆に育児が忙しくて取れない、何度も繰り返すなんてことも多いですよね。

 

忙しい家事や仕事など栄養に気を使っているのに、どうしてもヘルペスができてしまうことありますよね。

 

そんなあなたに、未然にピリピリやムズムズを予防することができるサプリメントがあるのでご紹介しますね。

 

それが『ヘルペケア』というヘルペス予防専用のサプリメントです。

 

ヘルペケアは、リジン、プロポリス、βグルカン、グルタミン、グラヴィノール、茶カテキン、オリゴ糖、乳酸菌の8種類の天然成分が配合されていて、体の疲れ予防になる体の中の活力をアップさせてくれます。

 

唇のピリピリやムズムズに欠かせない、必須アミノ酸の一種『リジン』

 

アガリスクの20~30倍もの活性力を持つ自然のバリアである『βグルカン』

 

腸内の善玉菌を増やす腸内環境に必要のエサとなる『オリゴ糖』

 

ポリフェノールの一種でピリピリ後の唇のお肌をケアする『グラヴィノール』

 

などが体やヘルペスに働きかけることで、毎日育児や仕事をしていても活力のあるエネルギーをもって生活することができるます。『いつヘルペスになるか心配』、『赤ちゃんにはうつしたくない』なら特に向いています。

 

ヘルペケアは他のサプリメントと違い、GMP認証を取得している徹底管理された工場で作られている国産製なので、安全性の高い高品質なサプリメントです。

 

海外ものとちがいカプセル粒が小さくて飲みやすいので続けやすく、毎日お水で2粒飲むだけでと簡単です。

 

体に優しいサプリメントですが授乳中の場合はお医者さんの相談に相談して、大丈夫なら飲むようにしてみてくださいね。

 

赤ちゃんにうつしたくない、何度もうつしてしまっている、ヘルペスが何度もできて困っているあなたは、ぜひ公式サイトをご覧ください。

 

お得なコースのあるヘルペケア公式サイトはこちら

 

繰り返すヘルペスや赤ちゃんにうつしたくないお悩みを解消できると良いですね。

 

まとめ

 

ヘルペスは赤ちゃんにもうつるので、できるだけ早く小児科に診てもらってください。

 

お母さんも赤ちゃんがもし旦那さんなど見てもらえるのであれば、皮膚科にいって薬をもらい、赤ちゃんにうつさないように予防しましょう。

 

ヘルペスは1度なると、疲れたり免疫力が落ちてくると何度でも再発します。赤ちゃんから大きな子供に成長してもうつしてしまうのでいつもヒヤヒヤしたりしてしまうかもしれません。炎天下の紫外線でもできやすい場合もあります。

 

ヘルペスになる前のピリピリやムズムズ予防などは栄養が必要ですので、そんな時はヘルペケアのようなサプリメントも役に立つかと思います。

 

ヘルペスのお悩みを解決して、赤ちゃんとの楽しい生活を送くれると良いですね。

 

ヘルペケアお得なコースはこちら↓