口唇ヘルペスは、3種類の市販薬を購入することができます。

 

そんな中、口唇ヘルペスの市販薬はどんなものがあるのか気になりますよね。

 

ただ口唇ヘルペスの市販薬を買えない人もいますので、それを踏まえてここではどの市販薬がおすすめな薬かをご紹介します。

スポンサーリンク

市販薬を買う前の注意

 

何種類か市販薬は売っていますが、薬局やドラックストアに売っている市販薬は「再発治療薬」なので、過去に病院で口唇ヘルペスと診断された人しか購入できません。

 

薬剤師普通

口唇ヘルペスの薬は、第一医薬品の分類なので、薬剤師がいないと購入できないのでご注意ください。ちなみに、市販薬でも、飲み薬の場合、薬局やドラックストアには売っていないのでご注意ください。あくまでも市販薬は軟膏かクリームになります。

 

市販薬おすすめは?

nankou2

口唇ヘルペスの薬は、主に3つが有名所の市販薬があります。

 

・ヘルペシア

・アラセナS

・アクチビア

 

今のところ、どうやらクリームと軟膏はこの3つのようです。

 

インターネットで調べたり、自分が使ってどの薬がいいのかおすすめなどをご紹介します。

 

アラセナS おすすめ

 

抗ウイルス成分である、ビダラビンが配合された薬。

軟膏とクリームの両方がある。

 

ぺろこ説明

当ブログの管理人ペロリが病院で処方された軟膏が、アラセナでした。名前は違えど同じ成分なので、おすすめです。

 

アクチビア

抗ウイルス成分である、アシクロビルが配合された軟膏。

ヘルペスウイルスの増殖を抑える薬で、他の市販薬よりもお手軽価格。

 

ヘルペシア

 

抗ウイルス成分である、アシクロビルが配合されたクリーム。

 

一応、軟膏>クリームという評価をつけました。

 

ですが、アラセナも、アクチビアもヘルペシアも成分が同じなので大した差はないと思います。

 

インターネット上では、アクチビアが人気のようですが、個人的には病院で処方されたのと似たような感じの、アラセナが良かったので、おすすめにしました。

 

口唇ヘルペスが早く治るという口コミについて

 

リサーチをしていると、よく「アクチビア」で○日治ったという口コミという情報を見かけます。

 

何度も口唇ヘルペスにかかっている私にとっては、市販薬にしろ、病院でもらった薬にしろ、軟膏やクリームで治る期間は「患部の症状」によって治りには「個人差」があります。

 

じつは口唇ヘルペスが、水泡ができていないブツブツができていない時、経験上クリームを塗れば比較的早く治りやすいとされています。

 

そういった人が、上記の市販薬を使ったとき、2~3日で治ったかもしれません。

 

ですが、すでに水泡ができてブツブツが悪化している場合だと、市販薬の軟膏やクリームを塗っても、2~3日では治らない場合が高いです。即効性はないということにもなります。

 

最低でも1週間以上はクリームを塗っても治すのには目安として必要です。

 

口唇ヘルペスは自然治癒でも治る

 

本来、口唇ヘルペスは自然治癒されます。

 

ですが、自然治癒は2~3週間ほどの時間が治るにはかかります。

 

軟膏やクリームは悪化してしまった場合は、塗ってら治るのが少しばかし早くなるという感じで、軟膏やクリームを塗ったからと言って、初期症状以外は、すぐに治るという訳ではないのでご注意ください。

 

そのため、「口唇ヘルペスの患部の症状」で治る日数は違うので、あくまでも薬剤師さんに相談するのがおすすめです。

 

再販して初めて市販薬を買いたい場合は、一度薬剤師さんに相談した方が安心かもしれません。

 

薬剤師にこり

あくまでもおすすめの市販薬といっても、各市販薬は個人差もあるので、参考にしてみて下さい。

 

口唇ヘルペスを早く治すコツ

 

口唇ヘルペスを市販薬で早く治すコツは、なんといっても初期症状の「早期発見」です。

 

あまりヘルペスになったことがない人はわからないかもしれませんが、初期症状は口唇の違和感があります。

 

ピリピリするなどはわかりやすいのですが、何にも変化がない人もいます。そういう人は、何かできそう?とか、ついつい下でペロッと舐めてしまうところ。

 

こういう時の初期症状に市販薬を塗ると、比較的早く治ります。悪化すると市販薬を塗っても治りにくいので、違和感があったら、念のためにつけてみるといいかもしれません。

 

 

ペロコ普通

関連記事はコチラ

 

口唇ヘルペスの初期症状と対策方法

 

 

市販薬の塗り方

tewoarau

市販薬の塗り方としては、

 

①まずは手を洗います

②市販薬を手にのせる

③鏡を見ながら、患部に軟膏やクリームを塗る

④うつる可能性があるので、手を洗う

 

市販薬の場合、最低でも3回は塗るようにしてみて下さい。

3~5回程度が目安です。

 

1回だけだと、食事などでとれてしまう場合があるからです。

 

舐めたら危険っぽそうですが、気になって舐めてしまてっても特に体に害はないので安心です。

 

ですが、市販薬を塗った後は触ると付けたクリームや軟膏が取れてしまうので、できるだけ触らないように注意してみて下さいね。

 

市販薬を塗ったら安静にする

neru

口唇ヘルペスは、免疫力の低下で発症することがほとんどです。なので、身体は疲れています。

 

市販の軟膏やクリームを塗ったからと言って大丈夫でなく、できるかぎり早く寝たり、体を安静にして休ませて、バランスの良い栄養を摂るようにしてみて下さい。無理は禁物です。

 

ヘルペスウイルスは、ウイルスが細胞の中に隠れているのでなくなるということはなく、再発したり、無理をするとヘルペスの部分が大きくなったりして悪化します。

 

なので、市販薬を塗りつつ、身体を大切にすることで、少しだけ口唇ヘルペスの治りが違ってくると思います。

 

【関連記事】

口唇ヘルペスがよくできてしまう!早く治すには
口唇ヘルペスのおすすめサプリ
生理前後に口唇ヘルペスがなぜできやすい
初期症状になる前に気を付ける!繰り返すヘルペスの悩みから解放された方法

スポンサーリンク